助成金申請

 雇用保険制度において、労働者の生活及び雇用の安定と就職の促進のために、失業された方や教育訓練を受けられる方等に対して、失業等給付を支給するとともに、雇用の安定や失業の予防、労働者の能力開発、そして労働環境の改善等をバックアップしていくために、事業主が納めている「雇用保険料」の一部を使って、事業主向けに雇用関係助成金制度を設けています。

 活力ある職場づくりと雇用の安定・創出のため、各種助成金制度を最大限にご活用し、企業の存続と今後のさらなる事業発展を図っていきましょう。

 

人を雇うときや起業をするときに利用しやすいお勧めの助成金

 

試行雇用(トライアル雇用)奨励金

原則3か月間の試行雇用(トライアル雇用)を行うことにより、支給されます。

対象となる労働者の適性や業務遂行可能性などを実際に見極めた上で、トライアル雇用終了後に本採用するかどうかを決めることができます。

受給要件

一定の要件を満たす40歳未満の若年者や母子家庭の母、45歳以上の中高年齢者を試行的に雇用した場合

受給額

1人月額4万円(最大3か月で12万円)

 

若年者等正規雇用化特別奨励金

年長フリーター等(25歳以上40歳未満)や採用内定を取り消された就職未決定者を期間の定めのない労働契約により正規雇用する事業主に対して支給されます。

受給要件

年長フリーター等(25歳以上40歳未満)等を正規雇用した場合

受給額

3回に分けて合計最高対象者1人につき100万円

 

たくさんある助成金のうち、ほんの一例です。

この他にもさまざまな助成金がございます。詳しくは、当事務所までお問い合わせ下さい。

 

▲このページのトップに戻る